***野草naひととき***

Category : 野山にて:11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茸は?から小さな花に・・

今年の茸はあまりにも少なすぎる。

まだクロカワをゲットしていないので、せめて一本でもという想いが叶って落葉の中から虫食いが一本^_^

虫まで食べてしまいそうな茸やわ^^;

そろそろ山も色づきはじめてきています。

タカノツメ、シラキ、山柿と黄色~橙色がいい色です。

戻りすがら、今年も閉鎖花ばかりかなと諦めていた小さな花が・・咲いてる♪♪

葉が亀甲の形をしていて小花が三個集まった小さな頭花の可愛らしいこと。

大好きな花の一つです。


キッコウハグマ

雌蕊が三本ありますね。先っぽの橙色・くるっとカールの白い萼が、お互いを引き立てあい美しい花姿に。
11m4kikkohaguma-038.jpg 

11m4kikkohaguma-057.jpg 

11m4kikkohaguma-084.jpg 11m4kikkohaguma-101.jpg
 
      クロカワの老菌                        輝く落葉                  

11m4kikkohaguma-001.jpg 11m4kikkohaguma-031.jpg

カマツカの赤い実が陽をうけて綺麗!美味しそう~(^o^)
11m4kikkohaguma-023.jpg 

2011年11月4日撮影
スポンサーサイト

ツメレンゲ

仕事休みの火曜日・・いい天気♪

何処を歩こうかと悩みながら、山の用意。時間を見れば、あ~もう10時だ^^;

せっかくの貴重な晴れ日、展望の良い場所に決め、以前から気になっていた谷筋コースを歩いてみた。

小さな湿地帯にはウメバチソウやリンドウ、赤いウメモドキの実と秋の湿地帯の三点セットが^_^

谷筋から岩場の斜面を登ると、ちょうどお昼時。大きな昆虫網を持ったご夫婦が登ってこられた。
アキアカネのマーキング調査をしているという。

山に入ると色々な方達に出逢いますね。今度、アキアカネを見かけたらマーキングを確かめてみよう。

昼食後は少し離れた岩場に咲く花の場所へ・・

岩壁に、びっしりと特徴ある花姿が並んでいます。どの花も同じ方向を向いて咲いている。

ちょっと見頃を過ぎていましたが、岩肌に咲くツメレンゲの群生は見応えありました。

クロツバメシジミの食草なので探して(待って)みましたが、残念ながら蜂ばかり・・

■ツメレンゲ
11m1ooiwagatake-060.jpg 
緑っぽい色と紅みがかった色があります。
11m1ooiwagatake-057.jpg 11m1ooiwagatake-071.jpg 11m1ooiwagatake-081.jpg


11m1ooiwagatake-090.jpg


神戸新聞 2000年11月23日    「いのちの まほろば 11 ツメレンゲ」から

http://www.kobe-np.co.jp/rensai/maho/maho11.html

環境への強さから、屈強な男にたとえられ、ベンケイソウ科に属してはいても、減少の一途をたどっている。道路の拡張工事などで削られた岩場はコンクリートで覆われ、旧家は老朽化して姿を消してゆく。九五年の阪神淡路大震災を機に、県内では家屋上部の軽量化から瓦ぶきの屋根が減った。再び瓦屋根の良さが見直されてはいるが、ふき土を使わないタイプが多くなった。「空ぶき屋根」に、ツメレンゲが根を下ろす場はないのだ。
「プレハブの家が増えて、あの草は、めっきり見かけなくなった」と、半世紀以上にわたって日本各地の屋根に登り続け、瓦を知り尽くした野水隆雄さん(69)はつぶやく。「名も知らんふき土を弱らせる厄介者やけど、長い年月を経た屋根にしか見ん。眺めていると、その家や町の歴史を雄弁に物語っているようで、敬意すら感じたねえ」

 そんな草と運命を共にしているチョウがいる。クロツバメシジミだ。幼虫はこれを食草とし、成虫は花のミツを吸う。あまり生まれた場所を離れず、ツメレンゲのそばで一生を過ごす。

    

11m1ooiwagatake-005.jpg


2011年11月1日撮影

ツワブキの森

2010年11月18日南紀にて・・
ぶらりと買い物帰りに立ち寄って海を眺めながら散歩する場所には、ツワブキの花が群生していました。
照葉樹が多いので秋に色づくことのない小さな林のなかは、一面の黄色の花・・・黄金色の空間です。

ツワブキ
ツワブキ 

こちらは早いなぁ。。もう藪椿が咲いていました。南紀の暖かな陽射しを燦々と浴びて、色飛びしてしまうほど^^;
11m17nanki-213.jpg 

11m17nanki-296.jpg 

アサギマダラも花から花へ・・
11m17nanki-262.jpg

テリハイバラの赤い実と花


テリハイバラが(別名ハイイバラ)浜辺を覆っていました。踏まないと歩けないくらい。
びっしりと赤い実をつけている枝の先に、まだ花も・・
テリハイバラの実 

テリハイバラ 
花が咲くころに来てみようと思うが暑いだろうな~。
海岸


アゼトウナ

野山の花じゃなくて海辺の花ですが・・(^^)

南紀の実家での雑用の合間に小一時間の浜辺散歩。
青い空にトンビが悠々と舞い、11月中旬とは思えないくらい穏やかな天気です。

浜辺の岩場には黄色の花がたくさん咲いている。
ヤクシソウによく似た花ですが、太平洋側に咲くアゼトウナ。
ロゼット状のヘラみたいな形の葉が特徴です。

キイシオギクの花はまだ開花前、、、こちらにいてる間に咲いてくれへんかな~。

■アゼトウナ
アゼトウナ

アゼトウナ

アゼトウナ






リンドウ

今日は仕事にいくのが嫌になるくらいの秋晴れでした。
気晴らしに、ちょこっとでも山ん中へ^_^;
買い物ついでの寄り道です。

前回、立ち寄った時は曇りだったので開花していなかったリンドウが秋空のような澄んだ青色の花を咲かせていました。
茎が細いのに花が大きくて頭でっかちなんですね~。ひょろひょろとして、どの花も倒れてしまってる。
笹で支えておきましょう(^^)

☆リンドウ
林の湿った場所などに咲いています。
ホソバリンドウ

ホソバリンドウ

リンドウ
花期が長い梅鉢草が、まだ咲いていました。
梅鉢草


この花も・・・そろそろ赤い実になっている時期なんですが、遅がけに綺麗な花を咲かせていました。

ツルリンドウ
ツルリンドウ






ムラサキセンブリ

ここ数年、なかなか見にいく機会がなかった六甲山に咲くムラサキセンブリ。

今日、やっと見に行ってきました。

ちょうど、お昼ごろに目的の場所に着いたのですが、あちらこちらに綺麗に咲き誇る花に昼食も忘れてしまうほど^_^;

どんよりと曇り空のした、魅惑的な紫色の花に魅了された一時。

☆紫千振
murasaki1.jpg



紫千振 


11m2murasakisenburi-169.jpg 11m2murasakisenburi-152.jpg 11m2murasakisenburi-165.jpg

murasaki2.jpg 


紫千振

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  10  07  06  05  04  03  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  02  12  10 

リンク

プロフィール

裏人

Author:裏人
四季折々の自然を楽しんでいます

足跡

ようこそ(^^♪

現在の閲覧者数:

ブロとも申請フォーム

pictlayer

ブログ内検索

メール

*上(別窓)のメールフォームが表示・動作しない場合はこちら

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。